<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
春待ちながら
 ■ 2月2日 お休みでした。

ようやく寒波も緩み、青空が見えています。

延び延びになっている O-HOUSEの上棟も今度は大丈夫そうで、一安心かな!?

で、今日は クロスケのエアークリーナーを交換しました。  キャブ仕様ではないので、割と簡単にできてしまいましたよ!



これがオリジナルのエアークリーナー  フットボールのようなかたちでかなりでかい。



ROLAND SANDS DESIGN製のスピード7 あえてクロームタイプ。

これだけみれば、蚊取り線香の吊り下げる入れ物みたいです。



ノーマルのカバーをはずすと、エレメントがみえてきました。



フィルターもはずすとインジェクションの吸気口が。。。  プッシュロッドがよく見えていいですねぇ!?Vツイン

そして、



トロトロのクロームです。  冬の間に錆がでないように 隅々まで磨いておきました♪



とてもかっこいいのですが、エレメントが露出なので 雨の日の走行が心配です。

結構、雨に降られるツーリング、多いからなぁ!?

バイクに乗れないこの時期、ナットを増し締めしたり、ワックスかけたりして

楽しんでます。

春待ちながら・・・・・・。

| バイクツーリング | comments(0) | trackbacks(0)
バガーカスタム
 ■ 地元のハーレーディーラー オートショップ双葉に立ち寄ったら



私のクロスケが(ウソです。)  こんなバガースタイルに・・・・・・カスタムされているところを見つけてしまった。

カスタム総額 ン百万??

サイドバックを持つタイプのカスタムをバガースタイルと呼び、本場USAでは主流のスタイルです。

やりかけると大変なことになるのがハーレーです。

多くのオヤジが大人げなくはまってしまい、抜けだせないでいます(笑)

たかがバイク。されどバイクですね!?

あまりシルエットが美しいので撮影してしまいました。オーナーさん、ごめんなさいm(__)m



| バイクツーリング | comments(0) | trackbacks(0)
紅葉〜秘湯〜蕎麦 奥美濃ツーリング 最終章
 ■ 早く寝ると早く目が覚めます。 

 「早く寝る」とを「歳をとる」とに変えてはいけません(笑)

山間の朝はピンと空気が張り詰めて、身も心もシャキッ!てかんじです。

そんな硬直した?身体を朝風呂で暖気します。

そして、朝ごはん      昨夜、あれだけ食べたのに・・



ちゃんとお腹がすく・・・・  健康な証です。  ホウ葉味噌  これだけで十分、ご飯をいただけます。



お味噌汁  やはり、赤だし系の味噌で 味がしっかりしています。

さて、腹ごしらえもできたから、旅立ちますか!? と 旅館を後にしました。

途中、教えてもらった紅葉の絶景ポイントに立ち寄り、一路、郡上八幡市内を目指します。

目的は美味い蕎麦屋



新しいお店なのですが、蕎麦通の間では 美味いと評判の「蕎麦正 まつい」さん

少し早目の11時、一日一組限定の蕎麦会席2000円がお勧めということで、昨日からの予約です。

郡上八幡の名水で打ち、茹でた蕎麦、美味いはずです・・。



蕎麦がき



かた焼きソバ風  和蕎麦を揚げたものに餡かけて。    主役がでてくるまでにお腹が膨れてしまいます。



蕎麦巻き? と蕎麦のサラダ   日本酒があれば肴になります。  が、バイクなので・・



ワサビか辛味大根かを選べます。 迷うことなく辛味大根

新蕎麦の香りが   食をそそりますねぇ!?

打ち加減、ゆで加減ともに グッド!!  美味い蕎麦、久しぶりです。



デザートは蕎麦湯を寒天で固めたものに黒蜜をかけたもの。  これ、美味いかも!

もう、お店の中は平日と言うのに満席。。  みんな知ってますね!?

2000円はとてもお安いし、美味しい蕎麦会席  予約して行ってください。

蕎麦正 まつい

住所 : 岐阜県郡上市八幡町鍛冶屋町774-2
電話 : 0575-67-0670



大満足の一行は、郡上八幡城へと向かいます。紅葉まっさかりでした。



天守閣より城下町を望む。

季節の移ろいを堪能した我々は、一路、滋賀に向けて帰路につきました。

「こんな楽しいツーリングは年に2回、5月と10月に段取りしてくれないと、あかん!」

そんな言葉をいただき、まぁ、添乗員役としては合格ですが、

結構、みなさんのお目もお口も肥えておられるので、セレクトはかなり、難しいのですが・・・

頑張ります!次回も。











| バイクツーリング | comments(0) | trackbacks(0)
晩秋の奥美濃ツーリング
 ■ ツーリングの目的地である奥美濃 神明温泉 「湯元 すぎ嶋」に到着です。

前もって大型バイク5台で行くので、できれば庇のあるところに駐車したいとのメッセージを送っておいたら、手配をしてもらえました。



旅館の門のところにある囲炉裏の横です。



そこを通って玄関へと紅葉が出迎えてくれます。


150年前に建てられた屋敷を越後から移築した建築です。


間もなく始まる古民家改修プロジェクトで囲炉裏部屋の再現がテーマとしてあるので、とても参考になります。



季節感のあるしつらい・・・



我々が彦根から来ることを知ってのディスプレイなら感激です。 アイドル ひこにゃん



露天風呂  少し、ぬるめのお湯ですが、その分、ゆっくりと楽しめます。



和洋折衷ですが、薪ストーブも館内を暖めていました。 夜はかなりの冷え込みです。

ツーリングで疲れた身体を温泉で温めたあとは、お待ちかねの夕飯です。



囲炉裏端でいただきます。こじんまりとして食事とお酒と会話が弾みました。



刺し身は岩魚  お約束の飛騨牛やきのこ類 次から次から出てくるので、食べきれません。



岩魚のから揚げ



きのこ鍋です。 様々なきのこが入っていて、その出汁の秀逸なこと!!



関西人には少し、塩分が効いて濃いめの味付けですが、きのこはとてもいい出汁がでますね。

気がつけば、冷酒の2合瓶がゴロゴロと空になっていました。

もう、けっして若くはないのだから・・・・。

でも、美味しいものと雰囲気でお酒は進みます。

あと、女将の耳元での囁きで「今日は空から珍しいモノが落ちてきましたけど、、食べます!?」

私たち:「???  食べる。」

写真も正体も・・・・ここでは内緒です。  コロコリとして美味しかったのですが・・・・。

満腹になってほろ酔いで 部屋に帰り、早々にマッサージさんをお願いして

とても健康的に早い就寝をむかえました。  幸せなり。

次は翌日の朝から  続く。



| バイクツーリング | comments(2) | trackbacks(0)
新蕎麦&紅葉ツーリング
 ■ 蕎麦でお腹を満たした一行はが次に向かった先は

西国三十三ヵ所観音霊場の第三十三番札所  満願霊場の「谷汲みさん」と親しみを込めて呼ばれる「華厳寺」


折しも紅葉まつりの真っ最中でした。  少し、早めでがとても美しい。



最後にここにお参りして納経して満願のお寺なので、その時のために今回はご朱印はいただかずにおきました。

ついではいけませんから!!



山門も綺麗に彩られていました。



十一面観世音菩薩がご本尊ですが、秘仏につき拝観はできませんでした。



赤銅の鯉  こちらは阿吽のア!



こちらは阿吽のうん!  



ちゃんと撫でてきました。まだ精進の途中ですけど(笑)  練習!練習!



抜けるような青い空に赤が映えます。

参道の紅葉を堪能した一行は次の経由地を目指し、走ります。

山の影にはいると、さすがに冷えます。 ヒートテックさまさまでした。

次は今夜の宿へと続きます。

| バイクツーリング | comments(0) | trackbacks(0)
新蕎麦ツーリング
 ■ みんなの予定がなかなか合わなくて、5月の予定が延びて延びて、夏は暑すぎて、また延びて、、

なんとか雪が降る前に走っておこう!ということで

この11/17〜18で行ってきました。 

題して

「紅葉の奥美濃を走り、新蕎麦を食べながら、秘湯を訪ねるツーリング」   長がっ!!

距離的には高速使うと、すぐ到着してしまうので

国道303号線を峠越えして、滋賀から岐阜へ入り、下道を快走するというルートです。

道の駅 近江母の郷に10時半集合でゆっくり目のスタートです。

心配されたお天気も、快晴となりました。

いつものJIJIRIDERSのメンバーです。  

隊長:Kenさんをはじめ、今年、多賀大社の馬頭人さんに選ばれ、本物の馬に乗って神様のお使いを果たした大物、JINさん、元白バイ隊員のBAYAっさん、彦根ゆるキャラ祭の実行委員長で、ひこにゃんとは大の仲良しのTOMIさんのレギュラーメンバー5台での珍道中です。

このおっさんツーリングがまた、楽しいこと!!



平日にもかかわらず、バイカーが集結しています。 


岐阜県に入り、道の駅「星のふるさと、ふじはし」にて早めの昼食



蕎麦通には知る人ぞ知るという「二八そば 藤橋庵」

私は三度目の正直で、本日念願の蕎麦食べられそうです。

一度目は水曜で定休日

二度目は峠で大雨に降られ、あえなくリタイア

すべて、バイクでのチャレンジです。

無くなり次第、終了。 でお昼には蕎麦がないときも日常茶飯事とのこと・・・・。



冷たいなめこおろし蕎麦の大盛りをいただきました。

新蕎麦なので香りがいいし、こしがあって、とてもよい蕎麦でした。

ざる蕎麦を食べるべきやったかも、、、。 具が多いと蕎麦の味がわかりにくいので・・・・・・

まずは蕎麦喰いツーリングのはじまり、はじまり。
| バイクツーリング | comments(0) | trackbacks(0)
気が付けばビワイチ
■ 休日です。朝から秋晴れのいいお天気です。

これはもう、走るしかないねぇ!?

と北回りで とりあえずバイクを走らせました。

琵琶湖 湖周道路、マキノを越え、161号線から303号線経由で朽木を目指すものの

山添はなにやら暗雲が立ち込め、いまにも振りそうな嫌なかんじです。

空を見ながら、青空の方向へとクロスケを進めているうちに

琵琶湖大橋の道路標識が眼に入ってきました。  琵琶湖半周です。



琵琶湖大橋を渡って対岸へと進み、

彦根を経由して  長浜へと

ほぼノンストップで   気が付けば琵琶湖一周

あれだけ暑かったのが嘘のように   山の中は寒いくらいです。

バイク乗りにとって、暑い夏が終わり、雪が降るまでの短い期間が、ベストシーズンとなります。

新ソバ求めて、走りまわろ〜。。

| バイクツーリング | comments(0) | trackbacks(0)
バイカーズミーティング
 ■ すっかり、朝夕涼しくなり、ようやく秋の気配です。

そんな秋の半日をクロスケと共に過ごしてきました。



THE24TH HOGミーティング in 函館山  砂利地への駐車は怖い。。



私が会場に着いたころには遠方組は帰り始めていました。

スキー場の駐車場にハーレーの群れです。



サイドバルブエンジン  いわゆるフラットヘッドと言われるエンジン搭載のカスタムマシンです。



電動アシストチョッパー  いいですねぇ!? こういうの。



カスタムマシンやグッズもたくさん販売されていて、ハーレー一色です。



こんな微笑ましいワンシーンもそこここで見られました。 Ayuファミと現地で合流。

この日は午前中打ち合わせ、午後一番で函館山へソロツーリング、そして、帰ってから

夜の部は娘と家内のお誕生日会で外食でした。  ふぅぅ〜

また、いこ〜!!  ナ。
| バイクツーリング | comments(0) | trackbacks(0)
自己責任ということで。
 ■ 焦げるような暑さの中、なかなか クロスケに乗れないのですが、

彼は少しづつ、男前になっているのです。実は。。。



なんとなく、どっしりと、それでいて  流れるようなボディライン。

「惚れてまうやろっ!!」



自分ひとりでも大変なので、パッセンジャーの命まで、責任持てません!

というわけで タンデムシートを潔く? 取り外し、

ソロ用シートに交換しました。

ガソリンタンクからリアフェンダーへの流れるようなシルエット

ほんとにかっこいいなぁ!?

と、想いませんか?
| バイクツーリング | comments(0) | trackbacks(0)
さりげない存在感
 ■ ノーマルは計算されつくされた最終形ではなくて、最低限の基本形なんでしょうか?

なんか、最近 ハーレーのカスタム関連の情報を見たりしていると、そんな錯覚に陥ってしまいます。

デザイナーがコーディネートした秀逸なデザインのはずなのに。そのバランスをカスタムという言葉で劣悪なセンスで壊してしまう事だって往々にしてあると想います。

よほど しっかりとしたコンセプトがないと その所有者の品格を問われることになりそうですね!?

とかなんとかいいながら・・・・・



ホーンカバーをノーマルから スカル(骸骨)とフレイム(炎)をモチーフにした社外品に交換してみました。



おとなしい路線でのカスタムを少しづつ 施しているのですが、たまにはさりげなく

こんな存在感をアピールするのはどうでしょう!?

気が付けば。。。「おお〜!」みたいな  品格漂ってるし。。。。。?

吸気系ではキャブでなくてインジェクションなので エアークリーナーを換装するくらいしかないのか!?などと想いながら  どれにするか 楽しみながら 模索しています。

こずかい いくらあっても 足らんし・・・・・・(涙)


| バイクツーリング | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/2PAGES | >>